2020年06月20日

英語の学習

袖の下
Oil of angels.
(・エインジェルズ=1470から1634年の間イギリスで通用した金貨)

(迷言集)
雄弁家は、その深遠さにおいて足りないところを話の長さで補う。(もんてすきゅー)

部下が約束した通りになる事はあまりない、と痛感するようになります。
部下から上がってくる事業計画に「3年で黒字化する」とあっても、それが実現した試しがないことを嫌というほど経験した結果、提案書に書かれているのは願望でしかないんだと悟る。
失敗は必ず起きるものなので、失敗を恐れていれば事業はできない。
ある確率で失敗する事は仕方ないこととしても、二度と立ち直れなくなるような失敗を絶対にしないことが重要。(やない)

安全なビジネスに多くの企業が集まって過当競争に陥る。
すると収益は下がって、結局、「安全に儲かる」はずのビジネスが「誰もが儲からない」ビジネスなってしまいます。
ビジネスは儲けを取りに行くものなので、リスクを取らざるをえません。
リスクを取った上で、いかにリスクをマネージするかが論点です。
複数のシナリオを考える。
最悪シナリオを含めて考えておく。
すぐに意思決定するのではなく、今は意思決定を保留して、将来に意思決定が出来るような選択を現時点で行う場合の経済的価値を論ずる。
自分が信じるたった1本のシナリオに頼る事は危険。
成功確率が低い事業における常套戦略は、数をたくさん打つことです。
数学で言うと、「大数の法則」が当てはまります。
成功確率が低い業界は、製薬業界です。
数を打たざるを得ないので、やはり規模が必要です。
巨大化しないと、リスクが取れない。
大規模化は、失敗しても死なない程度の手当てをするための1つの方策です。
1年単位で事業計画を考えてきた日本の重電系にとって、月次や週次ベースで戦略をどんどん変えてくるシリコンバレーの競合企業とはまるで競争にならなかった。
ビル・ゲイツは、計画そのものに意味がないと言い切っている。
アプローチでは、即実行し、結果をモニターし、すぐ軌道修正することを多頻度で繰り返す。
極端な場合は、そもそもの最終目的地すら明確にしません。
全てを完璧に調べて予定調和の未来を予測することなど不可能だし、意味がなく、究極の最終目的など設定しようがない、という前提に立っている。
したがって、ある程度調べて、面白い「切り口」が見つかったら、まずはすぐに軽くやってみる。
悪く言えば場当たり的ですが、よく言えば、刻々と変化する事業環境や、自社のとったアクションに対する顧客や競合の反応を素早く解析してこまめに軌道修正をかけ続ける。
ビジネスと言うのは、どれほど調査してロジックを詰めても、やってみないとわからないことが意外に多い。(ひろし)

(名言集)
金儲けの上手い人は、一文無しになっても自分自身と言う財産を持っている。(しゃるてぃえ)

(日常英語)
don't know=dunno

I got you=gotcha

could have, should have=coulda , shoulda

(語源英語)
gram、graph=書く、記す

pro=前に

tele=遠い

picto=絵

photo=光

auto=自分で






posted by きょんちゃん at 10:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

英語の学習

袖振り合うも他生の縁。
Even a chance acquaintance is decreed by destiny.
(ア・クエインタンス=知り合い、知人、少し知っていること、なじみ、面識)
(ディク・リード=命ずる、布告する)
(・デスティニー=運命、定め、宿命)

(迷言集)
我々詩人は愚かなことをしても、それは本であり、紙でできた愚行に過ぎない。
しかし私は、建築家が石でできた愚行…愚行の記念建造物を作ると言う考えを前にしてしり込みしないのは理解できない。(ヴぃくとる)

自分が何を知っているのかを知り
自分が何を知らないかを知っていない
と言うことを知ること
それこそが真の知識です。
フラワエンブルクの住居内に塔を築いて毎夜天体を観測した。
脳卒中で倒れ、半身不随となった。(こぺるにくす)

最大の危機は目標が高すぎて失敗することではなく
低すぎる目標を達成することだ。
フランスがフィレンツェを攻囲。
ボローニャに逃げ、墓碑彫刻制作。
ユリウス2世からローマに招かれて、ユリウス2世の墓碑を制作する。
建築作品も多い。(みけらんじぇろ)

誰が正しいと言おうとも
自分の良心に反するのならば
それは正しくない。
聖アンナに祈ったら落雷を免れたため、聖アウグスチノ修道会に入る。
レオ10世より41カ条のテーゼの撤回を求められたが拒絶し破門に。
ヴォルムス帝国会議で帝国追放となり、ザクセン選帝侯フリードリヒ3世より庇護を受けることになる。
不在で無法状態となった街に再び姿を現して過激派を糾弾。
聖書に書かれてない事は認めることはできないと言う言葉に希望を見出した農民によりドイツ農民戦争が起こる。(るたー)

自らを最も信頼するものが最も欺(あざむ)かれる。
両親の死去後、囚人扱いを受けたり倫敦塔に幽閉されたりした。
前女王のメアリー一世が死去して女王の座についた。
逃亡をしたスコットランド女王メアリーをとらえてロンドン塔に幽閉。
暗殺計画に加わった決定的証拠が出た。
メアリーを断頭台へ送る。
最強無敵スペイン艦隊から攻撃を仕掛けられるも、イギリスが勝利。
孤高の小国イングランドを大国へと導いた。
国家のために自らの結婚問題が国際対立に利用されるのを避けるべく生涯独身を守ったことから、国民に「処女王」と慕われた。(エリザベス一世)

君主の最も崇高な資質は過ちを許すことである。(あくばる・パキスタン)

すべての偉業には始まりがある。
しかし最後まで、やり続けなければ真の栄光は無い。
航海中、スペイン植民地から多大な財宝を奪い、エリザベス一世をはじめとする出資者らに配当金として返金。
そのおかげで王室は債務を清算できたことから、イングランド人は彼を英雄扱いしている。
しかし一方で、度重なる海賊行為に迷惑を受けてきたスペイン人からは、悪魔の化身のドラゴン「ドラゴ」の異名で呼ばれている。
スペイン領アメリカの海戦に敗れ、サンファンの戦いにも敗れた。(どれーく・イギリス・海賊・航海者)

(名言集)
物事を鋭く感じ、理解や判断が早いもの。
それに加えて勤勉な者には、いたるところに金貨が落ちている。(ろーず)

(日常英語)
let me=lemme

out of=outta

kind of=kinda

(語源英語)
it=行く

ial=~の

vis=見る

orb=球

ex=外に

trans=超えて

amb=周囲に

ous=〜な













posted by きょんちゃん at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

英語の学習

袖(そで)から火事。
(些細[ささい]なことから、大事が引き起こされる。)
Of a little spark a great fire.
(スパーク=火花)

(迷言集)
考古学者は理想的な夫になる。
妻が年をとればとるほど、彼女を高く評価するようになるからだ。(どーざ)

良い方法は、常に存在している。(エジソン)

正しいと思って動かない人は勇気がない。
過ちをし、あらためない。
これを過ちと言う。
その人をしりたければ、その友を見よ。
たくさんの国に分かれて戦争の真っ最中。
目指す高い理想を持った国作りなどできるわけもなく、わずか3年で国を追い出されてしまった。
その後は、弟子達とともに、新しく雇ってくれる国を求めて旅を続けました。
世間を恨んだり、大げさな愚痴ばかり言っていた。
生きていたときは、国を動かす仕事どころか、自分の考えを本にまとめることさえできないまま、この世を去った。
理想を語るだけで現実が変わることなんて、まずありません。
もし、理想を現実にしたいなら、現実の中で、自分ができることを増やしていきましょう。(こうし)

世界一のお金持ちになった。
数学賞がないのは、ふられた女性の結婚相手が数学者だったから。
人生で3度、恋愛をしたが、1度も結婚しなかった。
60歳を過ぎた頃から心臓を患うようになった。
ニトログリセリンから作った心臓の病気を良くする薬を断った。
生きているときの評判の悪さを、死んでから見事にひっくり返した。(のーべる)

「本当ならめちゃくちゃ難しい」ところを、「難しい」位でおさまるように書いた。
死刑になりかけ、その後4年間、国のために無理矢理働かされた。
ギャンブルをしているとどんどん自分のお金が無くなって行きます。
自分のお金がなくなるというスリル。
でも、もしかしたら、勝ってお金が儲かるかもしれないと言う希望。
この2つの気持ちに心を大きく揺さぶられる面白さに、多くの人が取り付かれてしまうのです。
ギャンブルにのめりこみ、やっぱり負けてもお金がなくなると、自分の本を出してくれる出版社に頼み込んで、お金を借りることもありました。
このようにギャンブルにどっぷりはまり、借金までしてしまうような人は、大体周りの人から「人間のクズ」と呼ばれてしまいます。
そう、世界最高の傑作の小説家は「人間の屑」だったんです!
小説を書かせれば、魅力的な人間を描くことができ、その人たちの心の深い部分まで書くことができました。
どうして、「人間の屑」にそんなことができるんでしょうか?
その答えは簡単です。
クズだから、書くことができたのです。
人の心には、きれいな部分もあれば、汚い部分もあります。
このどちらか一方しかわからないようでは、人間を書こうと思っても、半分しか書けないと言うことになります。
ギャンブルというのは、人間の醜い心がむき出しになることも多いので、もしかしたら、ギャンブルを通じて、人間の汚い部分を見ることができていたかもしれません。
悪い部分が先に見えても、良い部分を見つけるために話をしてみるなど、人に対して、常に興味を持つようにすると、毎日がもっと面白くなるでしょう。(どすとえふすきー)

他の人と比べずに、昨日の自分と比べるようにしましょう。
人の得意なところは、素直に認めてしまえばいいのです。
毎日、昨日の自分を追い抜くように頑張っていれば、いつか必ず、自分にも得意なことが見つかります。
その時初めて「人と比べないで生きる自分」になれるのです。(まさと)

たとえ人の生命を奪っても、財布に手をかけてはならぬ。
人は父親が殺されたことを忘れても、財産の失われた事は忘れないからだ。(にっころ)

(名言集)
富は費消するためにある。
費消するその目的は、名誉と善行である。(ふらんしす)

(日常英語)
have to=hafta

have got to=gotta

give me=gimme

(語源英語)
gra、gre=喜ばせる。

con=共に

ate=~にする

a=~を

ious=~な

itude=こと

token=印、証拠、象徴
(トウクン)













posted by きょんちゃん at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする