2020年07月30日

英語の学習

大魚(たいぎょ)は小池(しょうち)に棲(す)まず。
(大人物はつまらぬ地位にしがみついて満足したりはしない。)
A great ship asks deep waters.
(アスクス=求める)

(迷言集)
フランスのお役所仕事とはすなわち何もしないこと、すべての邪魔をすることである。
その役目が本当にそういうものだとしたら、申し分なくそれを果たしていると認めなくてはならない。(ジラルダン)

私は真理そのものを見いだすことができませんでした。
しかし、落胆はしませんでした。
代わりに、哲学書に記されているものは私たちの生き方を助けるものだと気づいたからです。
もし過去のどれか1冊の哲学書の中に真理そのものを見出すことできたと確信していたなら、どうなっていたでしょうか。
私はその哲学書を投げ捨てて、今後いっさい哲学に魅了される事はなくなっていたでしょう。
真理のあからさまな提示は私の生きる気力をそいでしまうからです。
私たちは、生きること自体が謎だからこそ、生きていけるのです。
人生や人間とはこれこれこういうことでしかないとあらかじめ説明され、謎が1つもなかったのならば、私たちは生きる気力を失うのです。
同じように、生涯賃金をあらかじめ手渡されてしまったら、これからの数十年間にわたって働く意欲を失うことでしょう。
いつだって、未知が私たちを誘(いざな)うのです。
世界も未知だし、私たち自身の体や生命、生き方も未知なのです。
そもそも生きるとは、未知へと自ら踏み出していくことにほかなりません。
日々同じようなことをしているのに過ぎないと思ってる人にしても、その人にとっての1日は新しい未知の1日であり、自分の生き方によって如何様にもなるのです。
実際に自分がどう生きてみせるかと言う事だけです。
本当の答えは学問の中にあるのではなく、現実に存在している私たちがまさにどう生きるかが答えになるからです。(はるひこ)

いかなる知識であろうと、それが必ず正しいと確認することはできない。(そくらxx)

世界は、私的利益と社会的利益とが常に一致するように、天上から統治されてはいない。
世界は、実際問題として両者が一致するように、この地上で管理されているわけでもない。(めいなーど)

社会的調和(均衡と効率性)は理論の前提であって、証明ないし導き出された結論でありません。
それは信仰であっても、実証科学の命題では無いのです。
市場メカニズムは外部性や公共財の問題に適切に対処することができません。
市場メカニズムが均衡(調和)状態を実際に実現するプロセスについては、ほとんど何も明らかにされていません。
市場メカニズムには情報の非対称性の問題があり、これを放置すると逆選択を通じて質の悪いものが市場に残るだけでなく、経済における取引自体が萎縮してしまいます。
個々人にとっては合理的な行動であっても、それがもたらす社会的な帰結は、合理的な行動X人数にはなりません。
市場メカニズムは放置すると、その経済の潜在的な生産能力を十分に利用することに失敗します。
その結果、失業やそれに伴う貧困、生活苦を避けることができません。
そして多くの場合、それは教育や家庭環境を通じて、その次の世代にも浸透します。
それによって拡大していく格差を、自動的に解消するようなメカニズムを市場は持っていないだけでなく、むしろそれをさらに拡大させる性向を持っています。
個人の利己的行動を市場メカニズムの中に放置する事は、しばしば他の人々の自由や権利を侵食します。
市場メカニズムそのものがうまく機能するためには、主に政府が「大道具さん」として適切な舞台設定をすることが不可欠です。
これまで政府が「やるべきこと」と「やるべきでないこと」を、1つ1つ虚心坦懐(わだかまりがなくさっぱりした心)に考えることを怠ってきた。(たかし)

金は借りてもならず、貸してもならない。
貸せば金を失うし、友も失う。
借りれば倹約が馬鹿らしくなる。(うぃりあむ)

(名言集)
まず自分をこの世に必要な人間とせよ。
そうすればパンは自然にいられる。(エマーソン)

(日常英語)
~していい?
Can I ...?

~していいですか?(一歩引いた状態)
Could I ....?

したくてもできない。
I can’t.

できてもやらない。(一歩引いた状態)
I couldn’t .

彼は来る。
He will come.

彼は来るだろう。(一歩引いた状態)
He would come.

(語源英語)
man(i)=手

cure=世話

fact=作る

ure=こと

ual=~の

re=再び

mark=注目

marg=印

in=小さいもの

margin=余白、差、縁、利ザヤ


Microsoft Store 限定お買い得商品


ソニーストア

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by きょんちゃん at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: