2020年07月08日

英語の学習

損して得とれ。
Sometimes the best gain is to lose.
(ルーズ)
(最上の利益は、損することであることが往々にしてある)

(迷言集)
人気女優の生涯はブラウスを着るのに苦労するときに始まり、スカートを履くのに苦労するときに終わる。(えるざ)

当初の予定通りにいかなかった場合の代替案をあらかじめ作っておく。
撤退ルールを決めておく。
未来など予測できない。
ビジョンに共感した様々な人たちがその方向に未来を作っていった。
未来は予測するものではなく、作るものだ。
自社にとって有利な方向に未来を誘導せよ。
未来など予測するものはなく、自分が描く方向に世の中を持っていく。
物事の見方を変えて、「X」を「○」に転換させる。
常識に疑問を呈する。
ミクロで見ると全く予想できない不安定な事象に見えても、マクロで見れば非常に安定している。
不安定という「X」を安定という「○」に変える。
花の値段が高いのは、廃棄率も考慮に入れて利益が出る価格を逆算すると、どうしても売値を高くせざるを得ない。
需要が稀にしか発生しないので不安定。
あまりにも独創的な百歩先のイノベーションでは、誰にも理解できません。
したがって、誰も賛同してくれない、誰も価値を認めてくれないので、顧客がない、商売として成り立たない。
戦略を尖らせるためにはイノベーションが必要とは言え、あまりに革新的すぎてもいけないというのが、イノベーションをめぐる難しさの1つです。
一般的なイノベーションの定義は、「誰も思いつかないような革新的なこと」ですが、ことビジネスのイノベーションとなると、この定義は当てはまりません。
ビジネスでは、そういう「100歩先」を行くようなものではなく、「半歩先」が重要です。
アップルは飛躍しすぎだイノベーションで、何度も失敗しています。
10歩先を行っていたため、大失敗に終わりました。
何故か誰もそのニーズに気づかない時期がある。
半歩先のことに気づくかどうかが、ビジネスでは重要なのです。(ひろし)

貧しさは、貧しいと感じるところにある。(えまーそん)

(名言集)
借金は底無しの海である。(カーライル)

(日常英語)
引きこもり。
Basement dweller.
(ベイスメント=地階、地下室)
(ドゥ・ウェラー=住人、居住者)

キモオタ。
Neckbeard.
(・ネックビアッド=顎の下だけに生えた髭、身だしなみに無頓着な男)

(語源英語)
labor=労働

er=人

e=完全に

ate=〜な、~にする

ory=場所

co(l)=共に










posted by きょんちゃん at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: