2020年07月01日

英語の学習

平和を求めるなら、戦備を固めよ。
If you want peace, prepare for war.
(プリ・ペア=準備する、用意する、支度をする)

(迷言集)
公共のものは全て無料であるべきだ。
学校も、交通機関も、streetwalkerも。(あれ)

100人100通りの人事制度。
自立と成長を求められ、厳しさも感じる。
権利の行使には責任が伴う。
目的とルールに従って行動しなければ、周りの信頼を失う。
働く時間の自由度と、働く場所の自由度を掛け合わせた、9種類の働き方を用意。
多様な働き方を認めることで、お互いに助け合うチームワークが醸成され、それが業績を押し上げる。
思考や行動は共通する単一の集団の方がチームワークに優れるのではなく、多様性を認め合う組織から、本当のチームワークが生まれる。(サイボウズ)

文系、理系の区別なく、様々な素養を身に付けることで、より専門性を究められ、より創造性が増す。
社内に専門家を作れば作るほど、専門外で起きる変化に目が向かず、対応が致命的に遅れてしまう。
今、本当に必要なのは変化対応の専門家です。(たまのい)

社員のあるあらゆる仕事について「誰が」「何を」「いつまでに」するかと言うデッドラインを設定する。
会議では一切議論しません。
事前に担当者に課題を与え、会議で答えを提示させ、それに対してイエスかノーの判断を下す。
昨年よりも今年の方が売り上げが伸び、利益が拡大してるというのが、会社が正常に機能している状態。
人間は、あればあるだけ時間を使う。
社員は、緊急性は低いが、重要性の高い仕事に進んで取り組んでいく。(とりんx)

重要業績評価指標を定める。
特定の指標を定点観測し、その変化に基づいて戦略の調整を繰り返す。
粗利経営。
担当者別で、個々の営業担当者がその月の粗利目標のどの程度達成しているかを見る。
国内市場が成熟し、売り上げを増やしても利益が増えるとは限らない時代になった。
単に粗利を定点観測するだけではなく、組織のあらゆる部分に粗利の思想を埋め込んだ。
粗利達成額によって日々社員を競わせる。
社内で回覧する日報にも、担当者別の粗利益額ランキングを掲載。
人事評価や給与も、粗利達成額に基づいて決定。
もはや売り上げには意味がないとし、社内では粗利のことを売り上げと呼んでいる。
粗利を確保するためには、サービスの質を上げることが不可欠。
顧客と絶えずコミニケーションを取り、そのニーズを的確に、迅速に捉えるから、価格が高くても売れる。
コミニケーションの重要性が分かっていなければ「なぜ、仕事と無関係の頼まれ事を受けなければならないのか」と社員が反発でしょう。
粗利を軸にした「全員経営」を極めることで、一般に25%される大手の粗利益に対し、実に40パーセントに近い。
その差はビジネスモデルの違いではなく、組織作りの違いによってもたらされている。(やまぐち)

(名言集)
満足は天然の富である。(そくらxx)

(日常英語)
超ワイルド。
He’s so savage.
(・サヴィッジ)

罵り。
Swearing.

(語源英語)
hum=低い、大地

ble=~な

id=~の

ity=こと

ous=~の








posted by きょんちゃん at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: