2020年05月06日

英語の学習

各人が支配者になるなら世界が破滅する。
Where every man is master the world goes to wrack.
(マスター=征服する、克服する)
(wrack=rack、荒廃する)

(迷言集)
文学上の傑作も結局は雑然とした辞書に過ぎない。(こくとー)

情報を一元化するこのプレゼン会議よって、会社全体の力を極限まで高めている。(あいxx)

駐車場にタバコの吸い殻が落ちてないか。
入り口に雑草が生えていないか。
スタッフが笑顔でお客に接しているか。
注文をきちんととっているか。
店内の掃除は行き届いているか。
車には「マイホウキ」と「マイチリトリ」を常備。
気になるところがあれば指示するのではなく、すぐに自分で掃除する。
1人の友人も作らない。
よその店に行く時間があれば、自分の店を何度でも回り、課題を見つけるべき。
現場回りはどれだけ続けても、これで終わりと言うことありません。
現場に行けば、必ず課題が見つかります。
組織のトップがユーザーになりきる経営。
トップが組織の誰よりも現場を回り、現場の情報を熟知する。
その情報力を持って、組織の規律を高める。
一度言っても直らない社員には、できるようになるまで、何度でも繰り返し同じことを言い続ける。
ユーザーの視点を持ったトップが文字通り、組織の中を駆け巡った。(ここ)

昆虫のクモは、メスが卵を産む都合上、オスよりも体が大きい。
ヒメグモはその差が極端で、メスの体積はその100倍も大きい。
ところがオスは生殖のために使う触肢(顔の前の脚)だけは立派で、体重の10%も占めている。
体重は60キロの男が左右合わせて6キロの睾丸を持っているようなものだ。
おまけにこのクモはメスがそう簡単には見つからず、オスはメスを求め、大変な距離を走り回らなければならない。
さてどうしたものか。
脱皮直後のまだ柔らかい時期に、2つある触肢の一方を自らちぎることにしたのである。
これでずいぶん身軽になれる。
触肢が1つないだけで倍近い速度で走ることができる。
触肢が1つだと2つの場合比べて、メスを探して3倍もの距離を移動できると言う。
このクモでは、触肢を1つちぎることでメスに出会えるチャンスが格段にますのである。(くみこ)

上司に反対意見を言うには?
まずは上司の意見を肯定し、認めることで、相手を立て、その上で自分の意見を主張する。
同僚とうまく付き合うには?
相手をいい人だと思い、自己開示していく。
最近の若手社員は?
その人の個性や能力を客観的に見る。
部下とうまくやる方法。
対人葛藤から逃げることなく、人間関係構築の良い機会と捉え、真摯に対応すること。
部下の上手な育て方。
能力や才能を褒めるよりも、努力やその過程を褒める。
部下をその気にさせる方法。
その人にとって成功率50%位の難度の仕事を与え、挑戦させる。
部下に期待をかけ、成功を信じる。
ダメと言われるとだめになる。
頼み事をきかせるテクニック?
最初に大きな要求をし、相手が断った罪悪感を利用して、小さな要求を承認させる。
こじつけでも、理由をつけると承諾されやすい。
人は、与えられた選択肢の中だけで判断する。
心象を悪くしないで断るには?
イエス・バット法。
条件付き賛成話法に比べ、先に肯定的な返事ができるため、より心象良く断ることができる。(りえ)

(名言集)
許すわはよし、忘れるは尚良し。(ぶらうにんぐ)

(日常英語)
そんなに面白い?
Is that funny?

そこまで馬鹿じゃない。
I’m not that dumb.
(ダム=間抜けの、薄鈍の、馬鹿げた)

(語源英語)
firm、farm=しっかりとした

a(f)=~を

com=完全に

re=再び




posted by きょんちゃん at 06:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする