2020年05月31日

英語の学習

滄海(そうかい)変じて桑田(そうでん)となる。
(青い海がいつの間にか干上って桑畑に変わっていると言う事から、世の中の移り変わりが激しいことのたとえ)
The world is a wheel.
(世の中は、車が動いてるように常に変転している)

(迷言集)
フランス人はオペラ音楽を作曲し、イタリア人はそれを歌い、ドイツ人はそれを演じ、イギリス人はそれを聞き、アメリカ人はそれにお金を出すようにできている。(カルーソ)

貨幣の価値はその素材ではなく、何らかの権威(国家)による強制力や通用保証による。
貨幣の流通には権威の存在が不可欠である。(にし)

人の一生には、投機をしてはいけない時が二度ある。
1つは投機をするほどの余裕がない時。
もう一つはその余裕がある時だ。(まーく)

1630年代のオランダは世界の半分を占めるとも言われた商船団を用いて、東インドとの交易を独占しており、経済的にはもちろん、文化的にもその絶頂にあった。
画家のルーベンスやレンブラント、少し遅れてフェルメールの時代です。
バブルは、繁栄している経済で生じます。
当時、世界で最もバブルのお膳立てにふさわしかったのは、まさにオランダだった。
人々はチューリップの値段が上がり続けることを信じて疑いませんでした。
そして、人々がそう信じてチューリップを買う限り、チューリップの値段は本当に上昇します。
予想が自己実現するわけです。
中には家の財産を全てなげうって、チューリップの球根一つを手に入れた人もいました。
笑えますか?
でもそうして買ったチューリップの値段が倍になるとしたら、ちょっと心が動いてしまう人もいるのではないでしょうか?
もう一つ重要な事は、バブルには、必ず銀行などの金融機関がつきものだということです。
チューリップを買うためになら、お金を貸してもらえるのです。
と言う事は、今手元に十分なお金を持ってない人も、お金を借りてこの投機に参加することができるわけです。
所持するお金の何倍、あるいは何十倍ものお金を動かすことも可能になります。
何しろ、どうせなら大きく賭けた方が儲けも大きいですからね。
これはレバレッジ(梃子[てこ]の原理)といいます。
なぜこれらはマニア(熱狂)と呼ばれるのでしょうか。
それは単にチューリップの価格の異常な高騰だけではなく、その背後にはまさに熱狂としか言いようのない愚かで、貪欲で、奇妙な人間行動が実際にひしめいているからなのです。
ある記述によれば、貴族、市民はもとより、農民、職人、水夫、従僕、女中、さらには煙突掃除人や古着屋のおばさんまでがチューリップに手を出したといいます。
牛にチューリップを食べられて破産した栽培家。
高価なチューリップを玉ねぎと間違えて食べてしまい、刑務所に入れられた水夫。
特定の品種の稀少価値を維持するために、他人のチューリップ畑に様々な家畜を放った者たち。
あるいは、ある地域のチューリップ畑が壊滅したと言う嘘の情報を流して価格を釣り上げた相場師達。
さらには、金本位制を止めて「チューリップ本位制」を主張するものまでいた。(たかし)

(名言集)
怒れる拳(こぶし)、笑顔に当たらず。

(日常英語)
超盛り上がる、ハイになる。
Turn up.

死ぬほど上手い。
I’m killin’ it.

めちゃめちゃ楽しかった。
It was lit.

(語源英語)
gen(e)=種、生まれる

gender=性別

gentle=生まれ持った性格である「優しい」の意味。

genre=類型

ous=~な

ate=~にする

ion=こと











posted by きょんちゃん at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

英語の学習

太陽が輝いている間に干し草作りをするのは良いことである。
It is good to make hay while the sun shines.

(迷言集)
日が昇るのを見るのは「田園交響曲」を聞くよりも有益だ。(くろーど)

手塚うそ虫。
ちょっとでも自分より上手い漫画見ると、ついついその漫画を描いた人にイヤミなことを言った。
ある時、有名漫画家の作品の悪口を、自分の漫画の中で書いてしまったことがあった。
それを見て、その漫画家が怒り、怒鳴り込んできた。
相手の言ってることの正しさを認め、謝りましたが、自分の間違いに気づいたことで、自分のことが嫌いになってしまった。
さらに、その漫画家が、その1ヵ月後に病気で亡くなり、「悲しむよりほっとした」と言う気持ちになってしまったことで、自分の心の汚さが嫌になり、ますます自分のことが嫌いになってしまった。
しかし、このようなことがあったにもかかわらず、この後も、ちょこちょこと他の漫画家の悪口を言っていた。
人を傷つけ、自分も傷つけ、それでも、何度も同じ失敗を繰り返えしてしまう。
「すごい」「うらやましい」と思った時に、ついつい悪口を言ってしまう。
悪口は、死ぬまで面白い漫画を描き続けることができた理由の1つ。
何もしないし、できないけど、悪口だけ言う。
そんなくだらない人間にならないよう、言った言葉の責任位は取れる人になりましょう。
そして、それができないなら、しっかりと心から相手に謝るようにしましょう。(おさむ)

人の失敗を笑ってばかりと言う人は、たまには自ら失敗して、人から笑われてみましょう。(まさと)

光の速さに近づくほど、時間はゆっくりと流れ、光の速さになると、ほとんど時間は流れません。
「のろま!」
「馬鹿正直!」
子供の頃、クラスメートから完全に馬鹿にされていた。
ノロマで、馬鹿正直で、要領の悪い人間。
これが、子供時代。
何をやらせても、のろのろして失敗。
人の言うことを何でも信じて、失敗。
簡単にできることも、わざわざ面倒なやり方をして失敗。
3歳まで、まともに人と話すことができず、9歳位まで言葉を正しく使えなかった。
勉強も、数学(算数)以外は、全くだめ。
私の学習を妨げたものは、たった1つ、教育である。
学校でいろんな勉強することが嫌いだった。
学校で褒められる人と言うのは、なんでも、そこそこできる人。
何でもできる人は立派です。
でも、実は世の中は、たったひとつの得意なこと、それも人よりはるかに得意なことがあれば、それだけで生きていけるものです。
では、どのくらいのレベルになれば、人よりはるかに得意と言えるのでしょう。
それは「作り出せる」かどうかがポイント。
自分で作ったもので、誰かの心を動かせる。
感動を作ることができれば、その得意なことだけで充分生きていくができる。
私は天才ではない。
ただ、人よりも長く、1つのことに付き合っただけだ。
つまり1つの好きなことを、長くやり続けることが、自分の得意なことを作るためには大切。
やり続けるに失敗はつきもの。
自分の理論をまとめるのに、頭の中で何百回と言う失敗を繰り返した。
だから、ときにはすごく好きなことが、大嫌いになることだってある。
それでも、やっぱり好きだからと少しずつでも続けていけば、それはいつか必ず得意なことへと変わる。
いくつかの苦手なことを気にして落ち込むより、たったひとつの好きなことを大事にして、心から楽しむ。
それが、感動を作れる人生の第一歩。(あるべると)

へつらい(人の気に入るように振る舞う、機嫌を取る、媚びる)ものは…それは、右を向けと言われ、その通りにするもの。
まして、後から足蹴にされることがないように、自分から腹ばいになるのだ。
そしてそのまま偉い人に近づこうとする。
そーゆー人間のことだ。(アンブローズ)

中傷(実在しないことを言って他人の名誉を傷つけること)は、うるさい蜂のようなもの。
殺せる自信がないなら手を出さないこと。
うかつに手を出すと、いっそう激しい突撃を受けることになる。(シャンフォール)

お世辞を言うものは金がかからない。
しかし、そのお世辞を訊(上のものがしたのものにききただす)きたくて大金を支払うものがいる。(ふらー)

不愉快に感じる事でも、自分の役に立てなければならない。(ヴォルフガング)

叩かれた夜は寝やすい。
(人を傷つけるよりも傷つけられた方が良い。)

義理を張るより頬を張れ。
(義理で出費するよりも、自分の利益を心がけろ)

(名言集)
重箱の隅は杓子(しゃくし)で払え。
(細かいことをうるさく言わずに、大目に見るべきだ)

(日常英語)
いけてる。
Tight.

いけてない。
Wack.
(ワック)

(語源英語)
ward、war(e)=見る

sty=豚小屋
(ス・タイ)

ess=女性

a=~を

be、re=完全に






posted by きょんちゃん at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

英語の学習

善は急げ。
As good soon as syne.
(サイン[スコットランド語]= 以前に)

(迷言集)
音楽はすべてのもの音の中で1番高つく。(ごーちえ)

敵に捕まった際、シャルル王から身代金が払われなかった。
シャルルの裏切りに遭い「悪魔のお告げを聞いた異端者」などと揶揄(やゆ)され火あぶりの刑に処された。(ジャンヌダルク)

岡山県にて誕生。
生家は小田氏という武家。
京都の相国寺に入り禅の修行を開始。
画家・周文から絵を習い始める。
遣明船で明にわたって本格的な水墨画について李在から学ぶ。
豊後国に移り住んで周辺の寺に優れた庭を作成。(雪舟)

目先の地位や資産に惑わされることなく、より長く安定して国家が繁栄するよう隣国皇太子と結婚した。
コロンブスのアメリカ大陸発見を援助した。(スペインのイザベル一世)

0から1を作るのは難しい、1から2を作る事は優しい。
スペイン帰国後、同年イサベル女王死去、スペイン王室に冷遇される。
第4回の航海も何とか出航したが結果的に難航して救助されることになり、計画は思う通りにいかなかった。
失意のまま晩年を過ごし、死ぬときまで、自分が到達した地はインドであると信じたままだった。(イタリヤ人コロンブス)

人間はやり通す力があるかないかによってのみ称賛または非難に値する。
フィレンツェ共和国にて裕福な公証人の家庭に生を受ける。
フィレンツェの画家ベロッキオの工房に弟子入りする。
透視図法や解剖学などを学び、親方の資格を得る。
ミラノ公を訪ねるべく出発。
土木技術や軍事技術が認められてミラノで宮廷に入る。
第二次イタリア戦争でミラノ公国がフランスに敗れヴェネツィアへ避難。
ヴェネツィアから故郷フィレンツェに帰還後、チェレーザに仕えた。
モナリザを描き上げ、翌年から再びミラノに7年間住む。
フランソワ1世に招かれ、クルーの館を邸宅として与えられた。
クルーの館にて死去。
フランソワ1世の腕の中で死んだ。(イタリア人ダヴィンチ)

マヌエル一世の命を受けてインド航路発見などを目的に航海に出発
リスボンを出発した。
艦隊が喜望峰を通過した。
スワヒリ文明下に暮らす住民と戦ったモンザビークを後にする。
アフリカ東岸到着後、三隻中一隻を焼却して二隻編成にする。
ヨーロッパからアフリカ南岸を経由して、東回りの航海でインドに到達した最初のヨーロッパ人。
なぜ東回りだったかと言うと、その2年前にスペイン王が派遣したコロンブスが西回りの航路を発見していたから。
コロンブスの発見を受けて、1494年、スペインとポルトガルは「トルデシリャス条約」を締結。
アフリカ西海岸のヴェルデ岬から約2000km西の子午線の西をスペイン、東をポルトガルの権利とする協定を成立させていたため、ポルトガルは東回りでのアジア到達を急ぐ必要があったのだ。(ポルトガル人のガマ)

人間と言うものは自分を守ってくれないものや誤りを正す力もないものに対して忠誠であることはできない。
父は貴族で法律家。
フィレンツェ共和国の第二書記局長に任命された。
フィレンツェ軍顧問の副官としてピサ戦役に参加した。
強行軍がウルビーノ征服。
使節としてチェーザレと交渉。
和議締結。
市民兵の軍事秘書になり、農民を徴兵した。
メディチ家のフレンツェ復帰に伴い失職。
ボスコリ事件に加わった容疑で指名手配された後、逮捕される。
年収10年分の金を友人に借り釈放された後、晴耕雨読で「君主論」を執筆。
ロレンツォ・デ・メディチに謁見の機会が与えられ、自署「君主論」献上。
フィレンツェでも共和派が決起。
ローマ略奪により、メディチ家と同時にフィレンツェを追放され死去。
理想的な思想の強いルネサンス期に、政治は宗教や道徳から切り離して考えるべきだと言う、現実主義的な政治理論の創始者となる。
反メディチ派であるとされ、フィレンツェ郊外での隠遁生活を余儀なくされた際に書き上げたもの。
君主の現実主義的な統治を主張しており、政治的目的のためにはいかなる反道徳的な手段も許される。(イタリア人のマキャヴェリ)

(名言集)
復讐する時、人間はその仇敵(きゅうてき=恨みを抱いている相手)と同列である。
しかし赦(ゆる)すとき彼は仇敵よりも上にある。(べーこん)

(日常英語)
親友。
Ace.

落ち着く、のんびりする。
chill(out)

警官
Jake(ジェイク)

(語源英語)
guar(d)、gard=見る

guard dog=番犬

guardian=後見人、保護者

re=完全に

dis=~でない





posted by きょんちゃん at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする