2019年11月12日

英語の学習

針小棒大。
To make of a fly an elephant.

(迷言集)
医者を4人もどうしようって言うんですか。
人1人を殺すには1人の医者で十分じゃありませんか。(もりえーる)

資本主義社会の中でのファシズムは、メディアが一方的に政治をされます。
メディアが発達すれば、民衆が参加できるので、ファシズムへの対抗手段が生まれる。(べんやみん)

希望を見失った人間はストレスに弱くなり、ときには死に至る。
自らの責任を意識した時、人間は生命を放棄することができません。
何かが待っていると期待させる。
自分を必要としている使命があるはずだから、生きる意味がある。
精神の高さと豊かさを持っていて、人生をあきらめない人が生に向かうことができる。
未来に希望を持つ。
家族を思う。
他人を思いやる気持ちを持つ。
崇高な存在とのつながりを大切にしている。(フランクル)

人の感性に揺さぶりをかけるような切っ先の鋭い提案がなされれば、それを受け取った人々はSNSなどを通じて世界中にその映像や情報を拡散します。
まさに限界費用ゼロで世界中に告知できる世界が現実のものとなった。
18世紀の産業革命以来、強いビジネスとはすなわち大きなビジネスの事だった。
しかし、情報と流通のインフラが大きく変化したことで、スケールは必ずしも必須の条件ではなくなりつつある。(やまぐち)

すぐに役に立つものは、すぐ役にたたなくなる。(しんぞう)


posted by きょんちゃん at 23:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

英語の学習

信賞必罰(しんしょうひつばつ)
Pay well, command well, hang well.
(ポプトン将軍の言葉)
(コ・マンド=命令する、指揮する、支配する、統率する)
(ハング=絞首刑にする)

(迷言集)
彼が決して私の医者でなかった証拠に、私はまだ生きている。(ぼわろー)

現代の消費社会では、それを購入することが購買者の「地位」をどれほど満足させるかと言うイメージが魅力となってきた。
商品は物ではなく記号となり、物の効用よりも他の商品との差異(魅力)が重視されるようになった。
生活の必要物を求める「欲求」と社会的地位と差異を求める「欲望」。
他人とのごく小さい差異を求めて行動するので、結局はその差異を相互に解消して同一性を生みます。(ぼーどりやーる)

「真理と虚偽」「本質と外見」「正常と異常」「オリジナルとコピー」等は分けられない。
本物と偽物の線引きはできない。(だりだ)

人々が帰属意識を失って、孤立した大衆が、ナチスの人種的イデオロギーに所在感を求めていく。
現代の人間は思想に興味がありません。
「思想なんて意味がない」「考えても仕方がない」と言う態度で、楽しいことだけを求めています。
このように何も考えない人たちが増えてくると、いつの間にか善悪がわからなくなってきます。
すると、ヒトラーのような独裁者が出現するのです。(アーレント)

(名言集)
もしも、目の前の目的が達成できないでいるなら、試みよう。
再び試みよ。(ひくとん)

(日常英語)
イライラ。
I’m irritated.
(・イリテイティッド)

不愉快。
I’m upset.

むかつく。
I’m pissed off.
(ピストフ)

激怒。
I’m furious.
(フュリアス、フュアリアス)
posted by きょんちゃん at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

英語の学習

神出鬼没(しんしゅつきぼつ)
To appear and disappear like phantoms.
(ファントムズ=幽霊、幻、幻影、妄想)

(迷言集)
待合室の植物が枯れている医者の所へは決していくべきでは無い。(ぼんべっく)

言語があるから様々なものを区別できる。
言語が先にあって、世界が後にある。
ソクラテス以来、本当のことを追求してきました。
けれども本当のことが先にあるわけではなく、言語によって様々な世界の切り分け方があるので、何語を使っているかで、本当のことが異なります。
先に言葉のつながりがあって、本当のことの範囲が決まります。
言葉と言葉のつながり方で、物事の捉え方が変わるのなら、「絶対に正しいと言う事はこれだ」と言う古代から近代までの哲学に疑問が生じる。
言葉のつながりを増やせば、思考が豊富になりますので、世界のサイズが広がります。
「まじか」「やばい」「うざい」の少ない語彙で片付けていると、だんだん思考が萎縮していって、気がつくと馬鹿っぽい人になっている。
構造とは、変形しつつも奥底にある公式のようなもの。(そしゅーる)

歴史を振り返ってみると、理性によって線引きがなされている。(ふーこー)

人は小さな物語を生きるようになる。
大きな物語への不信。
ポストモダン社会では、価値観が多様化するので、知識は情報交換としての価値を持つ商品となる。
知識を使って自分の教養や能力を高めるのではなく、情報交換しあってお互いに利益を出すためのものとなる。
現代では世の中が何かに向かって進んでいくと言う「大きな物語」を終りました。
金と力を持って、自分が何者であるかを確かめたいのはわかりますが、そういう考え方はもう古い。
漂流の思想の時代に入っていく。(りおたーる)

自分が欲しいと思わないものは、他人も欲しがるわけがありません。(やまぐち)

(名言集)
理想は、1人の青年の夢想では無い。
単なる抽象的な概念でもない。
我々の生活において、必ず現実の力となって働くものである。(なんばら)

(日常英語)
むかつく。
Anger.

切れる。カットなる。動揺する。たまげる。気が狂う。おかしくなる。
I flip out.
(フリップ=ひょいとひっくり返す)

カットなる。
I snap.
(スナップ=ぷっつり切れる、ポキンと折れる、ガミガミ言う、突っかかる、噛み付く)

怒る。
I'm mad.





posted by きょんちゃん at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする